年金の事も頭に入れて開業すべき

早期退職による失業から再起をかけて軽貨物運送業開業という 挑戦を行いました。 巷に溢れる誤った情報が多い軽配送業界、本当に稼げるのか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま、おはようございます。

昨日に書きました記事はニュアンス的に軽配送を
おすすめしない感じを受けたと思いますが、面白い
傾向でやはりアクセスが7割ほどに落ちています。

恐らく、google検索する段階で良いイメージを持って
軽配送をお調べになっているのではないでしょうか。

もちろん、良い事ばかり書くことは可能ですし、
自分の職業を自慢げに話す事ももちろん可能です。

「軽配送は良いでっせ」「稼げまっせ!」「月収50万円は硬い」
なんて毎日綴っておれば影響受けて始められる方も増える
のではないでしょうか。

まあ、良い面は懇意にさせていただいている方々の
ブログなど読んでいただければ理解出来ると思いますが
私は、安易に会社員を捨てて挑戦してほしくないと
正直に申すと思っております。

ですから、少し大げさにお伝えする面もありますし
デメリットも書くようにしています。

何も軽配送が稼げないとか、稼げるとか言うよりも
もっと別の意味でお考えになってほしいというのが
正直なところです。

今回、年金の支給が0.7%下げられました、まだもらえる
から良いですよね。

今の各機関の調査を前提にお話しますと、私達40歳代で
もらえる金額が10万円いかないそうです。

「いやいや、国がなんとかしてくれるよ」って言いますが
いまだに対策は取られていないし、この4月に下げられている
という事実がございます。

こういった事も踏まえて開業されるのか?という事です。
厚生年金をいままで掛け続けていたのに、国民年金になり
しかも掛け金は最低ランクにしてしまう・・・。

貰えるか貰えないか解りませんが、雇用を模索する事も
10年後、20年後を考えた場合、大丈夫か?という事です。

どうして、こういった事と軽配送を結び付けるかと言いますと
一つ、生活が苦しくなり年金を払わなくなる。
一つ、将来一生、車の運転が出来ると考えている
一つ、軽配送だけで生活しようと考えている
一つ、頑張れば月収50万円稼げると思っている

こんな人からのご相談が非常に増えているからです。

他の業界は解りません、こういった人が多いのか少ないのか。

今の私達は70歳からどうやって生きるかが重要課題です。
月収10万円でさて、どうやって生きていこうか。

アルバイト? 70歳でどれだけ雇ってもらえるであろう。
60歳でも絞られるというのに。

そうか、軽配送なら定年退職なしでしたね。
70歳まで走る?

何だか、今朝もデメリット話になってしまいました、
「今の自分は10年前に何をしてきたかの結果」
そんな言葉を今日は考えていただけたらと思います。

ではでは、今日も1日安全に過ごしましょう。

ご安全に!!






関連記事
スポンサーサイト

 | Copyright © 40歳からの挑戦!軽貨物運送業開業 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。