なぜ軽配送に興味を持つのでしょうか?冷静に考えてみましょう。

早期退職による失業から再起をかけて軽貨物運送業開業という 挑戦を行いました。 巷に溢れる誤った情報が多い軽配送業界、本当に稼げるのか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま、お疲れ様です。

今日も寒い一日でしたね、まだ冬って感じです。
あと数日で暖かくなると予報では言っておりますので
辛抱ですね。

さて、皆さんはどうして軽配送と検討されるのでしょうか?
なぜ軽配送を始めよと思うのでしょうか?

それは「求人情報を見ていると何だか稼げそうだから?」
「開業とか独立に憧れるから?」「仕事が無いから?」
「気楽そうだから?」「自分にもやれそうだから?」

色々と理由や動機はあると思います、人それぞれですから。

しかし共通して言える事は「脱サラリーマン」という事。

会社員という立場を捨てること、この事の重要性に気がついて
いない方が非常に多いと感じます。

いいですか、仮に軽配送で30万円の収入と会社員の給与30万円
では大きな違いがあるという事、どちらも所々に引かれる部分は
ありますが、自営業は経費を全て自分で支払わなければならない
という事です。

同じ収入30万円としても単純にガソリン代に差額で出て手取り額は
経費分個人事業主は低くなるという事です。

どうも、こういった事に疎い人が多いのでは?と感じます。
別に派遣でもいいじゃないか?って思いませんか?

では、なぜ嫌なのでしょうか?

開業とか独立って言葉に負けてはいませんか?

であれば、ドライバーの仕事は会社員でもたくさんあるし人手不足の
状況なのです、仕事が無いとは決して言えない業界です。

怒られそうですが「下手な夢見ていませんか?」って事。

俺にも月収50万円稼げると安易に思っていませんか?と・・・。

残り10年であれば派遣でもいいではないですか?無理に資金を
捻出せずに会社員もしくは派遣社員でリスクなく行くほうが
私は良いのではないかと最近思っております。

っていうか、そんなに良いものではありません。

私は当初からお伝えしています通り、軽配送に何かビジネスをプラスする
という考えで物事をお伝えしているつもりです。

軽配送1本で何とかしようという考えでは決してお勧めできる仕事では
ありません。

逆に何かビジョンがあり、何かの土台として収入を得たいという人には
とんでもなく良い仕事です。

例えば、販売業や飲食業ではお客さんからの売上があって初めて収入に
つながります、言わば毎日が勝負です。
明日には収入が0円という不安な気持ちとリスクを背負って生きています。
しかし軽配送は走れば収入になります、人に何かを売るという行為はありません。
とにかく、走って届ければお金になるという事実・・・。

そういったリスクがない軽配送ですから、他のビジネスを夢見て、軽配送を
行うのであれば本当に素敵な仕事になりえます。
裏を返すと、何もビジョンなく行っても面白くないですし、収入も頭打ち
「稼げない仕事」となるのがオチではないかと考えます。

私は、出来たら20歳代~30歳代の方に挑戦して欲しいな~って思います。
将来の起業に夢を持ち、とりあえずお金はないけれど開業したい、脱サラ
したいという方には本当に良い仕事だと思います。

あくまで、土台であり、一生やろうと思わない価値観。例えばインターネット
のビジネスやプログラミングの勉強しつつ軽配送など会社員では出来ない勉強が
たくさん出来ると思っています。

私は、そうった仲間も正直、欲しいところ。ブログ仲間も欲しいですし、ブログを
介して友達になった方もいらっしゃいます。

そう、話を戻しますと、なぜ軽配送を選ぶのか? 派遣社員でドライバーになるのは
なぜダメなのか?

今一度考えてみる必要を感じます。

言わば、軽配送の多くのドライバーは「人のふんどしで相撲をとります」つまり
大金は普通レベルでは稼げないという理屈。

人のふんどしで大金を稼ごうとはご都合主義なのです、もちろん自分で営業して
直接請ければ大金が転がってくるかもしれません・・・。
そんな度胸やコネがあるのであれば、別のビジネスの方が成功するのではないでしょうか?
私はそのように感じます。

とにかく始める人は「そんなに稼げない」「他のビジネスのスタートの為」
「他に夢がある」「人より長い時間働く、決して休まない」など何か信念が
ないと個人事業主、軽配送は厳しと思います。

この1ヶ月で開業している方々を見ているとそう感じてなりません。

やはり向き不向きもございます、1ヶ月で辞めてしまう人を見ていると
このような不愉快にさせる記事も致し方なるまいと思うのです。

とにかく、下手な夢を持つなら別のビジネスをおすすめします。
そして、仮に軽配送の収入が低くとも別のビジネスでカバー出来る
何かの準備はしておくべきです。

私のようにインターネットを活用したビジネスを確保しておく事や
アルバイトを確保しておくなど開業前から準備しておけば慌てる事も
なく、想定内で済むと思います。

今日も長々と生意気な事を書きましたが、失敗してほしくない気持ちで
書きました。どうかご理解くださればと思います。

明日も、どうかがんばってください。

お疲れ様でした。














関連記事
スポンサーサイト

 | Copyright © 40歳からの挑戦!軽貨物運送業開業 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。