荷主さんとドライバーの価値観

早期退職による失業から再起をかけて軽貨物運送業開業という 挑戦を行いました。 巷に溢れる誤った情報が多い軽配送業界、本当に稼げるのか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま、おはようございます。

2月の調子はいかがでしょうか?今月も後半戦へ
突入です、早いものですね。

さて、最近はブログなど様々な要因からドライバー探し
のご依頼をいただく機会が増えたのですが、感じること
がありまして少しばかり一緒に考えていただきたいなと
の思いで記事にしてみます。

それは、「荷主の考えとドライバーの考え」の相違です。
全てとは言いませんし、軽配送といっても色々な案件が
ございますので誤解なきようにお願いします。
特に大手下請け宅配はまさに違うと思いますけれど。

ドライバーを探して欲しいという依頼の多くが「スポット」
もしくは「短期定期」です。つまり緊急を要したり、季節柄
の仕事であったりというものです。

では、逆にドライバーはどんな仕事を求めるのでしょうか?
個人の価値観でしょうが私が思うのは「安定した仕事、毎月の
収入が見える仕事」です。

みなさんはどうですか? 家族をお持ちでしたら同じ考え
ではないでしょうか?

しかし、荷主さんは急な対応をしてくれて、呼べば来てくれる
車両を求めているという事実・・・、もちろん毎月の経費も
削減できると思うのです。
定期で契約するよりも多少高くても急ぎや物量増などの時に
限って呼ぶ方が全然便利なはずです。

そんなお互いの求めるところの相違は、私たちドライバーの
生活を脅かすのではないでしょうか?

どんな商売でも一緒で、お客さんの求める物を売らなければ
逃げられます・・・。荷主の希望を聞かないドライバーも
将来は仕事を失くしてしまう可能性もあると思うのです。

でも、生活もある・・・。難しい問題ですよね。

お世話になっている会社の方もおっしゃっておりました
定期は東京でも減っていてスポットばかりだと・・・。

何だか、そう考えると非常に根の深い問題だな~って
感じます。

会社であれば、多少の非効率もお客様のために我慢しようが
ありますが、個人事業主では生活に直結ですからね。

すぐに答えの出せる問題ではないでしょうが、ドライバー
の方々は考えないといけない問題でしょうね。(私も同様です)


ではでは、今日も一日豊かで幸福に過ごしましょう。

ご安全に!










関連記事
スポンサーサイト

 | Copyright © 40歳からの挑戦!軽貨物運送業開業 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。