軽運送ドライバーの立場って自営?

早期退職による失業から再起をかけて軽貨物運送業開業という 挑戦を行いました。 巷に溢れる誤った情報が多い軽配送業界、本当に稼げるのか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま、おはようございます。

明日の雪予報は曇りに変わっていましたので
少しだけ安心いたしました。
もう雪はうんざりです・・・。

町内の雪かきでやはり一悶着が起きていて笑えます。
自宅前の雪かきは当たり前と思っていたのですが
やらない家が半数以上で小学生の通学路が雪で歩けない。
そこで親が通学路を雪かきするという何ともおかしな話に
なりまして議論が湧きました。(みんなが使う道だし・・・w)
「なんで人ん家の前、雪かきすんの?」「なんで親がやるの?」 「自分家は自分でやりなよ」「自治会がお触れを出せ!」みたいなw

まあ、なあなあ時代が今までの日本でしたから、仕方が無い。
そんな話はどうでも良いとして・・・。


最近感じた軽配送について今朝は少し綴りたいと
思います。
と言いますのも最近メールをいただいた方々の共通するお話と
私の考える軽配送が少し違うかな?と思ったものですから
書いてみたいと思います。

あくまで私の考えですけどね。

どんな内容かというのも過去から取り上げております
「軽配送で生計を立てたい」「軽配送で一旗上げたい」
といった志のある言葉についてです。

それは、とても素敵なことで目標を持たれるのは重要なこと
誰しも失敗したくて開業するわけではないと思います。

そういった意味で軽配送は低リスクで始められる敷居の低い
業界というのは事実です。
つまり軽自動車1台あれば開業できると言うこと、そして所属会社
を間違わなければ仕事の確保もあるという事。

これって他の業界では考えられない事で営業せずに売上げ立てられる
起業って考えられないと思うのです。
ですから私的には本当の起業とは思っていないのです。

今度は、悪い言い方をしますが、「従業員の代わりとしての
地位が軽配送ドライバー」という事です。

自分で営業して仕事をとる直請けは、別として多くのドライバーは
所属する会社から仕事を貰って仕事していると思います。
そしてお給料と同様に毎月貰っているという雇用に近い状態です
仕事を貰えなければ給与が無く食いぱぐれです。

これって自営って言えない感じしません?
正確には自営業ですけど、立場が自営では無いと言いますか・・。

所属会社もいつ仕事が入るか解らない状態で雇用ドライバーを
多く抱えることはリスクで避けたいところです。
雇用すれば様々な経費がかかり面倒なことが多い。

であれば個人事業主ドライバーをうまく使うことを考える訳です。
そういった環境を考えると一旗上げるというには、程遠い世界という
話ということ、自営だけど自営ではない感じ。

解る人には解ると思うのですが・・・w

元に戻すと、その事は良いことでもある訳です、自分で営業しないで
仕事をくれるという事。
私は他の業種で自営をやったことがあるので解るのですが、お客さん確保
ってどれだけ大変かって事です。仕事があるってどれだけ良いことかって
事です。
そして従業員を雇うってどれだけ大変かって事です。
そういったデメリットのない軽配送ですから、下手な夢を見ずに開業
すれば、開業後の失望感を減らせると思います。

でっかくなるぞ~!  なんて思うから失望する・・・w

お客さんを開拓せずして大儲けしようなんて甘い考えですw

志は必要ですが、あまり期待しすぎるのも何ですからね。

ぼちぼち稼ぐ業界と思われた方が良いと思いますよ。

ではでは、失礼いたします。

豊かで幸福な一日となりますように!

ご安全に!
PS:2008年から目標としていた「書籍を出す」という事をようやく実現
   出来る状態になりました。 電子BOOKとAmazonから近日発売いたします。
   決して文章の上手な私ではありませんが、書き上げた1冊。処女作となります。
   こうご期待!












関連記事
スポンサーサイト

 | Copyright © 40歳からの挑戦!軽貨物運送業開業 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。