軽配送に興味ある人って多くないですか?

早期退職による失業から再起をかけて軽貨物運送業開業という 挑戦を行いました。 巷に溢れる誤った情報が多い軽配送業界、本当に稼げるのか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま、こんにちは。

午後から天気悪くなってきました、今晩から雨でしょうか?
毎年、横浜でも1回は大雪が降りますがこの冬はまだ雪は降って
おりません。降らなくていいのですが・・・w

さて、今日は軽配送とは関係ない友人とお昼を食べる約束で
出かけておりました。

一人は会社員、もう一人は建設関係という事で全くの異業種
の会話でした。

年齢も40歳半ば、幹部になれるかなれないかのお年頃、そういった
危機感をやはり二人は持っており、これからの人生をどのように
乗り切っていくのかやはり心配の話が主となりました。

私は普段、個人事業主ドライバーと関わることが多く会社員と
話をする機会がありませんので、そろそろやばそうな40歳代と
世間話出来て非常に有意義な時間でした。

そして、何より「軽貨物運送業、俗称アカボウ」に大変興味が
稼げるのか?生計を立てていけるのか興味津々の様子でした。

そう、世間の会話でどんな仕事かと聞かれる場合は「アカボウ?」
って絶対に聞かれます。

アカボウさんではないのですけど、そんな感じの仕事です」って
答えます。

恐らく90%以上は「アカボウ?」って聞いてきますw

今現在、会社員の方も軽配送に興味を持ち、開業検討されている方も
多いと思います、友人も「ぼちぼちっぽいね」といった感想でしょうか。

これからの雇用情勢は見えませんが、高齢者でも年金では生活できず
働く方が増えるのは必定で軽配送に参入してくる可能性は否定出来ません。

実際に面接に来る方のほとんどは60歳手前の方という話もネットスーパー
を担当する営業マンもおっしゃっておりました。
自分は体力があり、自信があると言っても、会社が60歳以下のドライバー
と決めたらどうしようもない問題。

実は、私の元に来ている案件もドライバーは60歳以下という指示も来ています。
「おれは、いつまでも運送で食べていくぜ!」って考えるの危険な話。


また通販などで宅配は増える可能性もありますから、求人?として
軽配送の仕事は出てくる可能性はあると思えます。

しかし、辞めていく人も多く厳しい現実もあるのは事実、何度も書きましたが
早い人で1ヶ月、150万円近い新車を買ったばかりで辞める方も過去にいました。
本当に不憫でなりません。

本当に稼げる良い仕事なのか? 自分に向いている仕事なのか?
その点はよく考えて開業される事を願うばかりです。

ただし、求人情報で出ている他の仕事って本当に給与、時給が上がって
いないですよね・・・。

私の学生時代20年以上前とほとんど一緒・・・。
そういった点を鑑みると軽配送には魅力があるのは事実です。
またアルバイトを組み合わすことで希望の月収に近づけることも
可能です。

軽配送と各種アルバイトで生計を立てる方は私の周りにも
多いですし確実に収入を上げれる手段ですが、一つのスタイルとしては
良いのでは?と思っていたりします。

普段からアンテナを張り情報収集と軽配送と組み合わせる仕事の
模索を続けていきたいと考えています。

もし、これから軽配送を開業される方は副業の組み入れ方を
念頭に入れて始められることを強くおすすめいたします。











関連記事
スポンサーサイト

 | Copyright © 40歳からの挑戦!軽貨物運送業開業 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。