軽配送開業して仕事しない場合はどんなお金かかるの?

早期退職による失業から再起をかけて軽貨物運送業開業という 挑戦を行いました。 巷に溢れる誤った情報が多い軽配送業界、本当に稼げるのか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま、こんにちは。

今日は寒さがいくぶん穏やかでしょうか・・?
我が家は山の上にある為に下界とは恐らく2度は
低いと思われます。なんせ寒くて目が覚めますからw

さて先日、こんなご相談をいただきました。
といいますより読者の方はほとんど似たような感覚で
当ブログを読んでいただいているのかもしれません。

それは、「現在の仕事を継続しつつ軽貨物運送業を開業する」
リスクはいかほどのもなのか?という事。

つまり、開業届けを出して開業し、何もしなければコストが
かかるの?って問題です。

「すぐに会社は辞めれないけど、辞めたらすぐに始めたい」
「とりあえず軽貨物運送事業者になっていたい」
「現在の会社に勤務しつつ休みの日に副業したい」など

毎月何か固定で経費がかかるのか?という問題です。

私も何となく質問したい気持ち解ります、やはりリスクを
減らして開業したいですからね。

では、お答えいたしますと。
細かな金額は別として、自動車の保険料が変わるだけです!

任意保険では自家用と営業用に区分されておりまして、
普段、家庭用に乗っている場合は自家用、私たちの車は
営業用になります。

つまり、お仕事で使う以上、家庭の買い物用車と比較して
事故の可能性が高まりますので保険料は上がります。

どのくらい上がるのか?は個人によりますが、月に数千円は
上がると思います。

等級によりますし、ネットの広告で出る保険会社さんは
営業用では加入出来ません。
等級は引き継げると思いますが、年間何万円かは上がります。

この上がる事を考えるとやはり稼動して毎週1回づつ4回は
走り4万円以上稼いだ方が良いのではないでしょうか?

開業届けも陸運局に出せばさほどの時間がかかりませんし
大したロスタイムにはなりませんから。

ただ、何か準備しておくと安心するというお気持ちは
何だかよく解りますw

協会では軽貨物運送事業開始前でも全然構いませんし
のちのちやりたいな~なんてお考えの方はぜひ、見積もり
出してみたらいかがでしょうか?

年間数万円でも大きいですからね!

ではでは、失礼いたします。




関連記事
スポンサーサイト

 | Copyright © 40歳からの挑戦!軽貨物運送業開業 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。