意外に知らない他の運送会社

早期退職による失業から再起をかけて軽貨物運送業開業という 挑戦を行いました。 巷に溢れる誤った情報が多い軽配送業界、本当に稼げるのか?
みなさん、こんにちは。

いよいよ、来週あたりから仲間になっていただいた
お二人方の軽配送デビューとなります。

ブログにお問い合わせ頂いたり、ご質問をいただいて
開業までこぎつけて頂いた。
非常に嬉しく一人でも多くの方に成功していただきたい
節に願っております。

ぜひ、最初から気合を入れすぎずに「こんな物か・・」
という感じで肩に力が入り過ぎないデビューをしていただけたらと
思っております。
まあ、お二人共に
お人柄から失敗は少ないと思いますから心配ご無用でしょうがw。

これからも共にドライバーの集まりを大事に切磋琢磨して
くだされば幸いでございます。


私が開業する際に感じた事は「本当に大丈夫かな?」
「暮らせていけるかな?」
「知り合いの話はいまいち
だな~」という感じで信頼出来る所属会社はいったい
どこなのだろうか?と不安に思ったものです。

実は数年この業界におり運送会社などの悪評や良い評判
を聞く機会が増えましたが新規開業者と情報の差に大きな
開きがあるかと言われると正直「差はない」と思っております。

下手をすると開業時所属のままのドライバーは会社員と
同等の情報レベルだと思われます、つまり今の会社の情報
しか知らないという事。

私は開業時に有名な企業、赤帽さん、軽貨急配さん、全軽連さん
スーパーカーゴさん、軽急便さんなど15社
を回り、最終的に
決めた会社はありましたが、その後に出てきた企業や環境変化
した会社などの情報は無いに等しい状況です。

幸い、設立した組織で情報収集を始めましたので今後は関わり
のあるドライバーさんに情報開示出来ると思いますが、私が
仮に新しい仕事を探す際には新規開業者とほんの少しの情報保有差
しかないという事です。


組織では元請け会社情報収集や自動車任意保険の団体割引など生活向上を目指しております。
詳しくはこちらのページをご覧下さい。


「俺はこの業界の会社知り尽くしてるぜ!」って方もいらっしゃる
かと思いますが求人情報を覗くと星の数ほど運送会社は出てきます、
その数ある運送会社の情報をどこまで知り得ているか疑問を持ちます。

逆にそこまで知り尽くしていれば自ら社長となり会社運営で
ドライバーを扱えるほどの力量の持ち主なのではないでしょうか。

私はそんな情報を集める時間もないし、情報収集に時折出かけますが
1日に数社しか回れない。

軽配送はリスクが少ない起業で営業もやらなくて良い仕事が主ですが
その分、会社員とさほど変化のないスタイルとも言えます。

元請け会社から業務打ち切りの心配もせず毎日同じ仕事がいつまでも
存在するという安堵感は時に個人事業主の不安定さを忘れさせます
私はそのようなリスクも常に視野に入れておく必要を感じています。

人それぞれに心配ごとは違うと思いますが、私は常日頃から、
「免許証がなくなったら?」「事故で仕事出来なくなったら?」
「急に仕事打ち切りになったら?」
などを念頭に生活しています。

実際に起きたらすごく大変な事になるのでしょうね・・・ww
しかし、自動車の運転する仕事・・・。

100%事故が無いとは決して言えない所がリスクなのかもしれない。







関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © 40歳からの挑戦!軽貨物運送業開業 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ