仕事始めにて思う

早期退職による失業から再起をかけて軽貨物運送業開業という 挑戦を行いました。 巷に溢れる誤った情報が多い軽配送業界、本当に稼げるのか?
みなさま、おはようございます。

今朝も冷え込んでおりますね・・・。
寒さがすごく堪えます、早く暖かくなりませんかね。

さて、昨日から主請負業務の仕事が始まりました、
いわば「仕事始めです」みなさんはいつからでしたか?

会社員読者の方は恐らく昨日からではなかったでしょうか?

実は、この主業務は12月28日~1月5日までの9日間
の連休でした。
といいますのも行政関係の業務でして、つまり公務員の方
とお休みが重なるという仕事です。

行政機関に関する法律なるものがあり12月29日~1月3日
までが定められているとの事、さらに土日が前や後ろにあると
長くなるという仕組みです。

年末から年始にかけてこの土日がうまくはまってしまった為に
9連休となってしまった次第です。

「いいじゃないか・・・」って声も聞こえそうですが、私たちは
いわば日給で働いておりますので稼動しなければ収入になりません。

9日休めば10万円以上の収入減につながるわけです、ですから
あまり有難い話でもないのです。

私は学校を卒業してサービス、販売業に長く身を置いておりました
ので連休というものを味わったことがなく、年始も2日からという
のが当たり前の生活でした。
ましてや9連休なんて、身体を壊して休暇でも取らない限りまず
あり得ない話で連休なんぞとったら白い目で見られる世界でした。

今も恐らく変わらないでしょうね・・・。

昔はスーパーも正月は休んだものですが、今は元旦から開いています、
コンビには当たり前・・・。

という事は商品を製造する会社や運搬する物流網も全て元旦から
動いているという事・・・。

私は昨年、病で倒れたので挨拶も兼ねて色々な方の所へ顔を
出す予定でしたので丁度連休で有難かったですが、収入はかなり
厳しくなっております。

こうやって悠々自適に連休を取れる方々ってどれくらいいらっしゃるの
でしょうか?

それよりのお正月って雰囲気が年々なくなっていく事が非常に
残念です。
お店が開いている事は便利ですが、風習や季節を感じる風情が
なくなるのは寂しい感じがいたします。

元旦は国民全員休んだ方が良くない?
お店も閉めて・・・w

無理か・・・w





関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © 40歳からの挑戦!軽貨物運送業開業 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ