年収格差か・・・

早期退職による失業から再起をかけて軽貨物運送業開業という 挑戦を行いました。 巷に溢れる誤った情報が多い軽配送業界、本当に稼げるのか?
みなさま、こんにちは。

今日からお仕事の方もいらっしゃる事でしょうね。
今年もボチボチと頑張りましょう・・・w
気合入れすぎると却って長続きしないものです。

さて、ドライバーの方はラジオを聴きながらの運転が
多いと思うので、ご存知と思いますが。

森永卓郎氏の面白い記事を読みましたのでリンク貼っておきます。
ソースはNEWSポストセブン
年収100万円時代の到来を予想

昨年のアベノミクスによる好景気の話は賛否両論でのようで
私のような庶民には全く効果といいますか、恩恵を蒙る事は
ありませんでした。

森永氏の見解も給与が上がっている効果はないという感じ、
一体誰がアベノミクス効果の恩恵を賜れたのでしょうか?
本当に景気って良いのでしょうか?

これからさらに収入格差が広がるという考えを妙に納得して
読んでしまいました。

年収の格差、実は私が20歳代の頃に40歳代の先輩と話した事が
ありました。

「年功序列、終身雇用なんて変ではないかと?」という私の疑問
仕事の出来る人間と、やらない人間で給与が一緒なのはおかしい、
年齢が上と言うだけで給与が上というのはやりがいがないと・・。
当時の私は憤慨する程に思っておりました、まさにそんな給与体系
だったからです。

今でも似たような感覚はありますが、その時に先輩が言った
「40歳代はお金がかかるんだよ・・・、独身者には解らないだろう」
「競争ばかりしていると自分が衰えた時に弱者になるのだぞ・・・」

という言葉の意味を40歳になり初めて深く実感いたしました。

そうなんです、若いときは血気盛んで病気や体力の衰えを知りません、
当然、身体を動かす仕事は年配の方よりも早く多くこなす事が出来ました。

しかしです・・・

自分の体力の衰えと病気になった事で競争よりも安定収入を考えるように
なりました。
一番大事な40歳代で20歳代の年収に及んでおりません・・・。
子供の教育費やその他子育てにかかる資金が必要な年代に・・・w



そしていつの間にか会社員から個人事業主というさらに不安定な立場と
なり、より一層弱者へと近づいて来ています。(すでに弱者か?)

よく、「考えすぎだよ」って妻に言われます・・。

でもですね、昔のような年をとったら楽な仕事が待っているという
目標も私は必要ではないかと勝手に考える訳ですよ・・・w

というより70歳で働ける、雇ってもらえる職場ってどんな所?
って不安にかられるのですよ・・・。

今、何か自分に対策を取っておかなければ大変な老後を迎える不安が
相当にあります。

雇われる生き方ではない、70歳まで働ける仕事・・・。

その準備はきっと今の40歳代と自分では思っています。

そんな中年の方と力を合わせて生き抜きたい!





関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © 40歳からの挑戦!軽貨物運送業開業 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ