2014年が始まりました。

早期退職による失業から再起をかけて軽貨物運送業開業という 挑戦を行いました。 巷に溢れる誤った情報が多い軽配送業界、本当に稼げるのか?
ブログ読者のみなさま

こんにちは、今年初めての更新となります。



ブログで新年の挨拶をされている方が多いと思いますが
私はあえてブログでするのに抵抗がございまして、失礼と
思われる方もいらっしゃるとは思いますが、ご理解ください。
何だか偽善ぽくって・・・W



そんな挨拶よりも「軽配送はどうなのか?」「軽貨物運送業
ってどうよ?」って事が知りたいわけで読んでくれていると
思いますので、偽善よりも誠を伝える姿勢を今年も持っていたいと
思う次第です・・w

昨年、同士となられた方の中には1月下旬からの方や2月から
軽配送の世界に入ってこられる方がいらっしゃいます。

みなさんの今年はどうですか?

軽配送に挑戦しますか?

今年は様子見で来年からでしょうか?

私はブログを開設してから一環して変わらない事は・・・
「会社員の仕事があるなら、個人事業主になるな」です。

「おいおい、お前は個人事業主ではないのか?」って意見が
あるでしょうが、私のスタンスは「個人事業主はやむを得ず」
って考えが根底にございます。

日本はサラリーマン(会社員)主体で成り立つ世界です、個人事業主
は不利な立場と言わざるを得ません。

「勝負の世界だ」って意見もあるでしょうし、成功し巨万の富
を築かれる方もいらっしゃるでしょう・・・。

しかし、多数の方はごく普通の方、また家族を支えなければ
ならない方々だと思います。

健康保険は国民年金、年金も国民年金のみ、会社員は厚生年金
という2階建ての仕組みです。

その他、節税も自営業は有利と思われがちですが、会社員にも
控除があり優遇されている面が否めません。

そして何より、仕事を明日失うリスクもやはり個人事業主です。

私は仕事を失うリスクがやはり一番ではないかと考えます、
なぜなら、業務委託という契約形態は何とでも逃げる事が可能な
契約形態です。
雇用では即クビに出来ませんが、業務委託は委託先が訴訟でも
起こさなければ
即クビに・・・する事が可能です。

こうやって書くと個人事業主はメリットないように受け取られて
しまいそうですが、良い事もたくさんありますから誤解なく。

トータルで会社員の方が良いのでは?と思っているにすぎません。
精神的に限界、収入が20万円しかない、リストラ後に職がない
という方々には軽配送という選択は良いと思っております。

色々な起業情報やフランチャイズ情報などがあり魅力的に
映る案件があると思いますが、その中でも軽自動車1台で
開業できる軽貨物運送業はやはり低リスクでおすすめの
仕事だと思えます。

失敗しても軽車両1台分の資金分・・・。

ラーメン屋で最低500万、コンビニ経営でも1000万円
やはり不動産を使う起業はそれなりにリスクが高い。

私なんぞは、現在20万円で購入の中古車でございます。

軽配送に興味があるけど不安って方はぜひ、ブログを最初から
読んでいただき、私の心境の移り変わりも読んでみてください。

また、お役に立つか解りませんがご質問など相談メールいただけ
ましたらお返事いたします。

ご遠慮なくどうぞ。

とっいいますか、同士も探しております。


4月から開始の仕事を現在打ち合わせ中でございます。
まだ未知数ですがこの仕事如何では・・・。

楽しみな年となりそうです。

それでは、この辺で。






関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © 40歳からの挑戦!軽貨物運送業開業 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ