家族

早期退職による失業から再起をかけて軽貨物運送業開業という 挑戦を行いました。 巷に溢れる誤った情報が多い軽配送業界、本当に稼げるのか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま、おはようございます。

今朝も雨は残っており、この雨で桜の花は散って
しまいそうです、土日まで持つのでしょうか。

先週から、妻と子供達が実家に帰っており
賑やかだった家庭が高齢化家庭になっています。

といいますのも私には祖母がおり、子供たちの留守を
利用し我が家に滞在しておりました。

本日、市内の叔母宅へ帰るのですが、今の日本と
いうものを考えさせられる1週間となりました。

祖母は御とし96歳、恐らく100歳まで生きている元気な
お方です。

ほんの5~6年前まで大分県の田舎に住んでおり、
戦後は、一度も大分を出ることなく人生をおくって来ました。
しかし、今は横浜に住んでおります。

帰りたくないのか?
返さなくていいのか?
なぜ横浜なんかに?

そんな単純な疑問を持ちますが、様々な事情が交差し
一筋縄ではいかない問題にみな悩み続けています。
つまり、解決する事が出来ない様子。

祖母には3人の子供がおり、一人は私の母、叔母は市内の
他区に住んでおります。そして跡取りと言われた長男は
だいぶ前にこのブログでも触れましたが亡くなりました。

叔父が他界した時に祖母の引き取りについて親戚中で話し合い
が行われ、結果、横浜の叔母が引き取ることに落ち着きました。

ですから、祖母は帰りたくとも帰る場所がございません、
そして帰れないことも承知して今を生きています。

孫(いとこ達)はいるが、それぞれ所帯を持ち面倒みる
余力はない。(というか気持ちも関係すると思うが)

こういった人生ってどうなのか?と単純に思います。
死ぬ前の数年を慣れない土地で退屈に過ごすこと・・・。
住み慣れた故郷に帰れないこと・・・。

みなさんは、どうお思いでしょうか?

子供の時から80歳前後まで過ごした故郷を離れ都会に住む。
最後の数年を見知らぬ土地で過ごす・・・。


っと軽配送と全く関係ない冒頭となってしまいましたが
日本人の今の現実を観た気になりませんか?

私達40歳、50歳代の人たちも他人事ではなく10年、20年後
には寂しい老後を迎える可能性は十分にあるという事です。

嫌な事から逃げた結末が今の日本にはあるのかもしれません。

・嫁姑問題から逃げた。(お互いに神経を遣いたくない)
・結婚しない。(面倒だし、お金は自分で使いたい)
・子供を作らない。(お金はかかるし、面倒だし、格好悪い)
・近所付き合いは面倒(隣の人と関わるのは面倒だし)

すべてが全て上記に当てはまらないとは思いますが、おおかた
そんな感じがあるのは否めないと思います。

だって、面倒な事は面倒ですから・・・。

仕事選びも実は似たような事があるのではないかと感じます。
・上司との関係が面倒
・会社の扱いがひどい
・将来に対して不安を感じる
・正等に評価されない

そして、気楽そうな軽配送を選ぶ・・・・。

いやいや、悪くないですよ。私だって似たようなものです。

一つの問題提起です。自分に対しても。

嫌な事から逃げた結末ってものを・・・。

人間関係、確かに楽になりました、仕事上は。

しかし、会社員時代の心から信頼出来る同僚との
人間関係ともおさらばをしてしまいました。

良いも悪いも組織から離れました・・・。

しかし、自分で望んでドライバーの情報共有を目指している。
何か、考えさせられる出来事であります。

人生、解らないものです。

私が大分にでもいきますか・・・w
はははっ・・・。
ではでは、今日は金曜日、会社員の方々は今日行けばお休み
でしょうか?

ぼちぼちと過ごしましょう。週末はのんびりリラックス。

今日も素敵な一日となりまうように。

御安全に!!

*そうそう、コミュニティー参加のメールを希望の方に
 お送りしておりますが、ご登録がないようです。
 メールはお送りしておりますので迷惑フォルダーなど
 今一度ご確認をお願いいたします。
 また迷惑メール対策されている方は届いていない可能性も
 ございます。フリーメールを準備のうえ、もう一度ご連絡
 いただけましたら幸いです。








スポンサーサイト

 | Copyright © 40歳からの挑戦!軽貨物運送業開業 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。